TOP >  ブログ作成 MT 全般  >  MT4.0をえびすサーバーに試しに入れてみる

MT4.0をえびすサーバーに試しに入れてみる

えびすサーバーの試用に申し込んで、MT4.0を試しに入れてみました。

えびすサーバーは、コアサーバーやXサーバーに比べると、費用が高くて容量が少ないと
思います。

今、1GBですから、いまどきあれだけの月額がかかるなら、10倍ぐらいの容量にして欲しい。

HDDのコストは安くなってますからね。次々10G級のが出てくるんでしょうね。

コアサーバーは、あの値段で15Gですから、一桁間違っているんじゃないかと最初は思い
ました。でも本当に15GBなんですよね。

えびすサーバーは、MTのインストールでちょっとつまづきました。

CGI-BINのディレクトリでしか、CGIが動かない!!

だから、MTのCGIはCGI-BINに入れないとならないんです。

そして、htmlをCGI-BINの中においといても、見る事ができない!!

htmlは、CGI-BINの外に出すようにしないとならないんです。

というところがちょっとつまづいたところです。

これがわかるとすんなり行きました。

えびすサーバーは、ちょっと魅力に感じていることがあって、ほそぼそMTを使っている
うちはいいんですが、ライセンスをどうしようか?という問題がでてきます。

ライセンスがないと、質問もできないし、ましてや事業目的で使ってはいけない。
このブログみたいにアフィリエイトはあっても、つつましく更新しているような場合は
無料ライセンスでよい。アフィリエイトを使うことについては、無料ライセンスでOKと
いうように規定されてます。しかし、事業として使う場合はNG。

えびすサーバーは、まだ本格運用ははじまっていないですが、あれなんですよね。
MTのライセンスをつけてくれる予定なんですよね。

MTのライセンスがつくとなると、月額もそんなに高いわけでもなくなってくるわけです。
容量は増やして欲しいですけれど。


えびすサーバ 月額3,480円の高機能サーバ

  

前へ:MTブログの初期設定
ブログ 作成 MovableTypeブログ作成カスタマイズトップへ
次へ:CRONでrunperiodとか、CGIを動かす⇒簡単にする

ブックマークに追加する

関連エントリー

TOP >  ブログ作成 MT 全般  >  MT4.0をえびすサーバーに試しに入れてみる