TOP >  ブログ作成カスタマイズmovabletype MT Other  >  レンタルサーバーによって結構違うんですね。

レンタルサーバーによって結構違うんですね。

レンタルサ-バーはXサーバーを使っています。
レンタルサーバーとしてはお手ごろの価格で速いサーバーだと思います。

mt-rebuild.plが動かないのはまだ解決しないのですが、mt-period.cgiが動かない件は
解決しました。

mt-rebuild.plになんとか動いて欲しいんですけれどね。

mt-period.cgiを動かすまでにやったことは

perlの一番上に書くperlのディレクトリの記述

#!/usr/bin/perl

これでは動きませんでしたが、

#!/usr/bin/perl -w

で動くようになりました。

もう一つがファイルハンドラのところ

open HN,・・・;

close HN:

ではだめで、

open(HN,・・・);
close(HN);

で動いたのです。

でも、まだmt-rebuild.plのほうは動きません。

レンタルサーバーによって、こんな細かいところが違うとなると、
大変面倒。細かいところにうるさいレンタルサーバーでした。

-wがなくて動かないなんて気がつかないですよね。

mtのCGIが動いているので、何が違うんだろうと、最初の-wは確かに有無の差が
あったんで加えてみたら動いたというわけなんです。
そしたらエラーログの出方が変わったんで、エラーの出ているlineを書き換えたら、
上記のようにOK。

こまかいところにうるさすぎるぞ、レンタルサーバー Xサーバー。

前へ:MTブログを自動再構築したいけれど(1)
ブログ 作成 MovableTypeブログ作成カスタマイズトップへ
次へ: テンプレートの再構築 Movable Type

ブックマークに追加する

関連エントリー

TOP >  ブログ作成カスタマイズmovabletype MT Other  >  レンタルサーバーによって結構違うんですね。